3月8日から3月11日までの3泊4日で、ミャンマー・香港への海外視察を行いました。
ミャンマーでは、縫製工場・木工加工工場・介護施設の見学、日本大使館・参事官との会食、人材派遣会社・旅行会社への訪問、ゴルフ場関係者との会食、魚市場・ローカルマーケットの視察、ミャンマーJCとの懇親会。
香港では、金融に関するセミナーの受講。
など3泊4日とは思えないほどのボリュームでした!(1日目は深夜に到着したので実質2泊3日!?)

アジア経済発展のラストフロンティアと呼ばれるミャンマー。
2011年に軍事政権から民政移管され、高い経済成長を続け、外資からの企業参入も急激に増えています。
とても大きなホテルやショッピングセンターが市街地にいくつも存在している一方、少し郊外に行けば路上でのマーケットが活気づいていたり…2つの景色が同時に存在している状態は、違和感とは違うとても不思議な感覚でした。

印象的だったのは、仏教信仰がとても強いこと。訪れたヤンゴンにも多くのパゴダ(仏塔)があり、そこには観光客もたくさんいるのですが、地元の方たちもたくさん!

○離職しようとしているミャンマー人をお金で引き止めることは難しい。働きたい場所が他にあれば移ってしまう。
○ミャンマーの介護施設は、非営利で運営していて、職員はボランティア。多くの方の寄付で成り立っている。
○視察中、ストリートチルドレンを見ることがなかった。
というのは、この仏教信仰からくることなんだろうなぁ。

金融の最先端を行く香港では、高層ビル群に圧倒されながら、金融の勉強したり。
多様性を理解することが旅の大きな目的のひとつでした。
日本は恵まれているとよく言われます。しかし、何が恵まれているのか、何に感謝しなくてはならないのか。様々な人たちに出会い、触れ合うことでいろんなことを考えることができました。

全て書こうとするとものすごく長くなりそうなので、写真に写ってるメンバーを見つけたら、この旅の話を聞いてみてください!
きっとおもしろい話がたくさん聞けるはずです!

 

20190312_190312_0018 20190312_190312_0035 DSC_0513 DSC_0541 - コピー DSC_0579 DSC_0749 DSC_0759 DSC_0794 DSC_0832 DSC_0844 DSC_0852