4月16日(火)豊川市勤労福祉会館にて、
4月例会「とよかWAっしょいだよ!全員集合!!~WAになっておどろう~」
を行いました。

現在、豊川市に住む外国籍の方は6000人を越えます。
そして、改正入国管理法・外国人技能実習制度により、外国籍の方の数は今後もっと増えていくことが考えられます。
そんな中、ぼくらが今やらなくてはならないこと!それは多文化共生の意識を強く持ち、推進していくことです!

例会では、豊川市国際交流協会の事務局の方と日本語教師の方・そして外国籍の方40人、総勢50名ものゲストをお迎えして、自己紹介、人間知恵の輪ゲーム、ダンスを通じて交流を行いました。
『とよかWAっしょい』を合言葉に、例会中はとにかく盛り上がり、本年度のスローガンでもある「Enjoy」を体現する内容となりました。
多文化共生と言ってしまうと、自分から遠いところにある事柄の様に感じてしまいますが、隣の人と分かり合う、という本当はとても単純なことで、Enjoyすることができれば全ての壁を取り払うことが出来るのでは!と感じることができました。

今回の例会の主な主旨は、外国籍の方との交流を図り、豊川JCメンバーの意識を変える事でしたが、これは今回に終わる事ではありません。
10月にはこれに続く大きな事業を、豊川青年会議所創立60周年記念事業の一つとして行う予定です。
文字通り、豊川市民全体で盛り上がれる例会を目指すことができると確信できるような4月例会になりました。

豊川市全体の未来を希望にあふれたものにするための10月例会を楽しみにしていてくださいね。
『とよかWAっしょーい!』

参加していただいた皆様、ありがとうございました!

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15