11月9日(土)、豊川稲荷公園にて豊川青年会議所創立60周年記念事業
「とよかわ万博2019~食べて・遊んで・踊っちゃおう~」
を開催いたしました!

豊川市は人口約18万。そのうち外国人市民の方が6000人近くいます。
今回の事業では、日本人市民・外国人市民が分け隔てなく、もっと自然に交流しあえること「多文化共生」を目的に準備してまいりました。
(公財)豊川市国際交流協会、御津高校をはじめとするボランティアスタッフの皆様、飲食ブースにご協力いただきました皆様、PRゾーンとメインステージを盛り上げてくださった皆様、本当に多くの方々とともに作り上げたのが、今回の事業です。

文化や価値観、言葉の違い。
なにも日本人市民と外国人市民の間だけではありません。
お互いの違いを受け入れ、認め合い、共に生きていくこと。これこそ、これからの時代を盛り上げていくために必要な「多文化共生」の考え方です。

4月に行った例会と、今回の事業。
多文化共生について考えてきて、みんなで思えたこと。
「壁を気にして立ち止まるより、まずみんなで一緒に楽しもうよ!」

多文化共生という目的は、一日二日で達成できるようなものではありません。
しかし、この日を同じ場所で盛り上がったみんながいれば、「違いが個性として輝く豊川市」はきっと達成できるはず!
そう強く感じることができた一日でした。

最後になってしまいましたが、今回の事業には本当に多くの方々にご協力いただきました。皆様には、当日だけでなくとても多くの時間をいただき、共感していただき、お付き合いいただきました。
本当にありがとうございました!
これからもどうぞよろしくお願いいたします!

↑この日のために作っていただいた、「MIKAWAじゃんだらりんとよかWAっしょいサルサ」。この曲とともにみんなの心が一つに!

DSC03815DSC02923 DSC02927 DSC02959 DSC02977 DSC02997 DSC03044 DSC03130 DSC03172 DSC03187
DSC03675 DSC03683 DSC03691 DSC03694 DSC03779 DSC03781 DSC03783 DSC03809 DSC03812