MENU

LOM支援室

  • HOME »
  • LOM支援室
山田 久隆

山田 久隆

 

LOM支援室

基本方針

事務局長 山田 久隆

~はじめに~

 

私の父親は青年会議所のメンバーであり、幼いころ父親に連れられて参加した事業が楽しかった思い出があります。私はその楽しかった事を、少しでも生まれ育った豊川へ返していければと思い活動してきました。

ただ、それらの事業を行うためには表立って実行するメンバーと、後ろで支えるメンバーがいます。事務局は理事会設営を主たる業務とする、まさに後ろで支える仕事であります。しかし、後ろで支えるメンバーがしっかりと役割を果たさなければ、良い事業も活かすことはできません。事業がより輝くことができるよう職務を遂行して参ります。

 

~事務局会議の運営にあたって~

 

一般社団法人豊川青年会議所は諸先輩から続く57年の活動により信頼を築かれた組織であり、その信頼を裏切らない様にしていかなくてはなりません。その為にも一般社団法人としてコンプライアンスの推進に努めて参ります。

一般社団法人として事業を行うためには、理事会で協議と審議を行い、審議通過した議案の事業を行う事が出来ます。その理事会の前には必ず事務局会議が行われます。ただ単純に議案書、予算書の間違いを指摘するなどの決められた事を行うだけでなく、円滑な理事会運営ができるよう事務局会議を行って参ります。

 

~団体を支えるために~

 

青年会議所活動や事業を地域の方々に知ってもらうためには、広報活動を継続して行うことが必要です。しかし、青年会議所活動はまだまだ多くの方に認知されておりません。したがって事業を行う際には、積極的に広報活動を行うことが必要であり、それを行うことで事業がより効果的になると考えます。地域の方々に認知していただくために、素早くかつ正確に広報活動を行う事はもちろんのこと、個人情報等にも最大の配慮を行い、信頼を損なわぬよう努めて参ります。

また、他団体との交渉に参加する場合は、豊川青年会議所の名を汚さぬよう、品格のある行動、責任感のある行動を行って参ります。さらに、情報の共有や事業日程の管理をしっかりと行い、円滑な活動ができるよう支えて参ります。

 

~むすびに~

 

コンプライアンスの原点として「公正、適切な活動を通じて社会貢献を行う」という思想があります。この思想をもって、一般社団法人豊川青年会議所を支える事務局の運営に務めて参ります。どうぞ一年間よろしくお願い致します。

  • facebook
国際青年会議所 日本青年会議所 White truck on the asphalt road in the evening

  第50回愛知ブロック大会_バナー

TOPMAINBANNER1-300x78

logo_01

活動地域の bn_kawasin

名岐道路署名バナー大

バナー原本 アワードライブラリーバナー 第31回人間力大賞バナー
  • facebook
PAGETOP
Copyright © 一般社団法人 豊川青年会議所 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.