MENU

■60周年特別室

  • HOME »
  • ■60周年特別室

sugimoto杉本 浩伯

【はじめに】
「志」とは、我々の与えられた人生において、己のためだけではなく、多くの人々のた
めに、そして、世の中のために、大切な何かを成し遂げようとすることで生まれるもので
す。本年度は、これまでの歴史に対する感謝と誇りを胸に、JC で培った友情、そして経験
させていただいたことを財産としながら、JC として理想を掲げ、新しい発想と青年らしい
行動力で、青年でなければできないことを実践していき、私たちのポテンシャルを存分に
発揮し、JAYCEE としての「志」を次代へ引き継いでまいります。

【~先人への感謝~】
豊川青年会議所は、1959年9月18日、先人の大きな「志」により全国で173番
目の青年会議所として設立されました。以来、59年という長きに渡り、先人の熱い思い
と弛まぬ努力と実績によって現在の豊川青年会議所が存続しております。
私たちは、お互いの立場やおかれた環境は異なりながらも高い理想と情熱を胸に青年会
議所に入会し、日々、出会いや気づきを得て、互いに学びあうことで切磋琢磨し自己研鑽
しています。しかし、私たちが今こうして何不自由なく青年の運動を展開できるのは、先
輩方が時代や環境に即した、地域から必要とされる運動を展開してくださり、組織の信用
を得ると共に、行政や関係諸団体をはじめ、市民の皆様に期待される組織へと成長を遂げ、
現在に至っているのを忘れてはいけません。

【~志の伝承~】
2019年度、豊川青年会議所は、1959年の設立以来、本年度で60周年を迎えま
す。
今日まで豊川青年会議所の歴史と伝統の「志」を受け継いでこられた先人に感謝と敬意
を表すると共に、私たちはその「志」を受け取る者として、次代へバトンを繋いでいかな
ければなりません。
私たち青年会議所の活動は、JC 三信条である「修練」「奉仕」「友情」のもと「明るい豊
かな社会を築き上げる」ことを共通の理念としています。しかし昨今では JC 運動の本質を
見失い、何のために私たちが存在するのかという理念を失いかけていると感じます。
創立60周年という節目の年を迎えるにあたり、メンバー一人ひとりが原点に立ち返り、
今一度足元を見つめ直し、JC 運動の意義や理念を再確認し、今後も豊川青年会議所が地域
から求められる団体であり続けることが必要です。
これまで連綿と受け継がれてきた伝統や創始の「志」と人と人の心を繋ぐ「絆」を未来
へ繋ぐと共に、60周年、更にその先の未来に向け、JC 運動の無限の可能性にチャレンジする大きな一歩を踏み出してまいります。

【むすびに】
2006年度に入会をさせていただき早いもので14年が経ち、JAYCEEとして活動でき
るのも残すところ2年となります。JCに入会してから今まで多くのことを学び、多くの仲
間との出会いを与えていただきました。入会しなければ得られなかったことは多くあり、
それは自分の財産となっております。そして本年度、60周年という特別な年に、副理事
長兼60周年担当室長という大役を仰せつかり、大変光栄に思うとともにその重責に身の
引き締まる思いであります。
支えてくれる家族や会社への感謝を常に忘れず、「自分が楽しくなければ、他の人を楽し
ませることは出来ない。」という思いを念頭に掲げ、一年間常に笑顔を絶やすことなく青年
会議所活動に邁進してまいります。
私たちのその行いが、必ずや多くの人々の喜び、笑顔、幸せに繋がる と信じて。

  • facebook
第51回愛知ブロック大会 ホームページリンクバナー

国際青年会議所 日本青年会議所 White truck on the asphalt road in the evening

  活動地域の bn_kawasin


bana_shomail_linear

  • facebook
PAGETOP
Copyright © 一般社団法人 豊川青年会議所 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.